×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

購入した物をさらに自分で選定する

[PR]キャッシング独立起業して稼ぐ


毎日をきちんと律して過ごすために、自分の身の回りにある物が本当にふさわしいものかきちんと選別する必要があります。自分に合わない物を身のまわりに置くことは心の乱れにつながり、精神力をきちんと鍛えることができなくなるためです。
そのために日頃から、身のまわりで使う物を購入する時にきちんと自分にふさわしいものであるかどうかを考えて購入しなければなりません。

しかし実際には、買う時には自分にぴったりの物だと思っていたけれども使ってみるともう一つ合わなかった、イメージしていたのと少し違っていたということがあるかもしれません。しかしそれでも買ったものだから仕方が無い……と妥協して使いはじめると、それが気のゆるみにつながる第一歩になるわけでして、これでは精神力を鍛えることはできません。
したがっていかに日頃からきちんと自分の身の回りに置いておくものを選別するかということが気のゆるみを持たないようにするために重要なことになります。

しかし日頃購入するものも気を遣ってどれを買うか選定しているという方でも、実際には一度買ってしまったものに対しては甘い目で見てしまいがちです。
それでは自分が買ったものであっても、決して妥協しないように自らのまわりに置いておくにふさわしい物を選んでいくにはどうすれば良いでしょうか。

もっとも優れた方法は、あらかじめ多くの物を買っておくと言うことです。たとえば服を買うなら、自分にふさわしいと思える物を3つくらいを選んで買う。そして買って帰った後でその3つの中から自分にふさわしい物を2つだけ選び、残りの1つはそのまま放棄してしまうのです。
このように、あらかじめ3つのうちの2つだけを選ぶ、残りの1つは使わないと言う姿勢を貫けば、自分の身の回りに置いておくものについて選ぶのに失敗したから妥協するということはあり得ません。自分にふさわしい物をきちんと自分の身につける。そうすることによって心を綺麗に保ち、精神力を維持するようになるのです。


メニューに戻る

Copyright ©2013 Sijimi. All rights reserved. Assist by Mizuho Ashihara.