×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国政選挙に立候補する

[PR]キャッシング独立起業して稼ぐ



国政選挙、つまり衆議院選挙や参議院選挙に立候補する。これは強靭な精神力が無ければ不可能なことです。
まず国政選挙に立候補しようとするだけで、300万円の供託金と言うお金を支払わなくてはなりません。この供託金は選挙期間が終わった段階で、ある一定の投票数を得れば全額払い戻されてくるお金なのですが、まずこの300万円というお金のハードル自体がものすごい心理的プレッシャーとなります。この他にも様々な経費も含めて、選挙には多額の費用が必要になると言うのはニュース等でも語られている通りです。そしてそのために国会議員は、借金してでもその費用を調達して選挙に打って出るのです。だから国会議員は選挙期間中、鬼のような形相になる。必死になる。選挙の告示から投票日までの間、体の力を使い果たすまで全身全霊、投票を呼びかけています。
これを支えるのは何か。選挙で負けるわけにいかないという信念、精神力なのです。だからこそ国会議員は精神力の強い人が多い。そういうことです。

だからあなたがそのような強い精神力を身につけるのであれば、同じように国政選挙に立候補するべきなのです。どの政党に所属するとか、そういうことを考える必要はありません。もちろん政党に所属して立候補するということも可能ですが、もしもどの政党からも立候補を断られたとしても、政党に所属しないで無所属で立候補することもできます。衆議院であれば小選挙区が、参議院であれば都道府県ごとの選挙区選挙から立候補できます。そうして対立する候補と選挙戦を戦う。同じ選挙区の中には、今まで何期も国会議員を務めた候補者もいるでしょう。そのようなライバルを相手に選挙戦を戦う。相手を打ち負かして自分が国会議事堂へ行くのだ、そういう決意で選挙に臨む。資金が足りなければ借金して資金を調達する。選挙カーを調達できなければ街頭に立って演説してでも市民の支持を呼びかける。そうして必死になって選挙戦を戦う。そうすることによって精神力を強くすることができるのです。




メニューに戻る

Copyright ©2013 Sijimi. All rights reserved. Assist by Mizuho Ashihara.